承継者の居ない人でも利用できる『永代供養のお墓』とは

お墓は使用権を持っている人が亡くなってしまった場合、一般的にはその長男が使用権を継承し、子々孫々その墓地を管理・供養していく形となります。しかし、中には一生涯独り身であったり、結婚をしていても子供が居なかったり、あるいは子供が居たとしても遠距離に子供の住居があったり、若しくは子供が海外に移住していたりと様々な理由で墓地を継承させる事が出来ない人達もたくさんいらっしゃいます。

昨今では、少子高齢化が進んでいますので、必然的に承継者の居ない人達が増加をしているのが現状となります。それでは、このような承継者の居ない人達は自分達が亡くなってしまった後は一体誰に自分のお墓の管理を任せればよいのでしょうか。その問題を解決するものとして『永代供養墓』というものがあります。この永代供養墓とは、霊園や寺院が代わりに責任を持って墓地の管理や供養を永代おこなってくれるというものです。止むを得ない理由で墓地の承継者が居ないような人達でも、墓地を利用できるようにするために作られた制度なのです。永代供養墓の形態としては、他の故人と一緒のお墓に入ったり、同じ納骨堂に安置をされたりしますので、合祀墓や合同墓などとも呼ばれています。

ただし、個別に墓参りが出来なかったり、親族に反対をされてしまったりという事情もありますので、本人の希望如何で通常の個人のお墓と同様の形態とすることも可能です。費用としては永代使用料・永代管理料・永代供養料が基本として掛かりますが、これら一式を支払った後はその後の管理費などは一切支払いが無いことが通常となります。ただし、生前に永代供養墓の申し込みをしている場合、年会費などの費用が発生をすることがありますので、注意が必要です。また、個人墓を除いて、そもそも墓石の費用が掛からず、墓地の使用料も他の故人と合同で使用するため割安となりますので、一般的には通常の個人のお墓と比較をすると安価となります。注意点としては、各墓地によって永代の定義や供養の程度などは様々となりますので、必ず契約の前に条件を確認することが重要となります。このように、永代供養墓は、止むを得ない理由で承継者が居なかったり、経済的に不安があったり、あるいは子供に迷惑を掛けたくなかったりと複雑な事情を抱えた人達でも利用が出来るようになっているのです。個人墓を持つことに何かしらの障害があるという方は、ぜひこの永代供養墓も視野に入れつつお墓探しをしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です