お墓のいろは

購入から管理まで!

ペットのお墓はどうするか

飼っていたペットが死んでしまった場合、たとえペットが家族同様の可愛い存在であったとしても、その死骸は一般廃棄物になってしまいます。まず自治体に連絡をして、回収に来てもらいます。自治体はペットの死骸を引き取って、ゴミとして有料で処分をしています。費用はペットの種類や重さによっても異なってきますが、1000円~5000円ぐらいが相場となっています。


一般のゴミと同じ焼却炉で焼却する自治体もありますし、所有の動物専用の焼却炉を使用する自治体もあります。しかしこれまで家族の一員として可愛がってきたペットを処分することに抵抗を感じる飼い主も多いのが実情です。お墓を建ててそこに埋葬してあげたいというように思うのが人情です。ペットの死骸は、墓埋法で定められている人間の『死体』とは異なります。ですので、小動物の死骸は自宅の庭に埋めることもできます。しかし、自治体によってはそれを禁止しているところもありますので、あらかじめよく確認しておくことが大切です。『大切なペットだから』という思いから、最近ではペット専門の葬儀社や霊園を利用する飼い主が増えています。専門業者は、動物病院の紹介や市区町村の役所に問い合わせるほか、電話帳やインターネットで探すと手軽に素早く探すことができます。ただし、動物霊園の経営には墓埋法のような法律的な規制が特にありませんので、中には地域住民とトラブルになってしまっている民営動物霊園もあります。そのあたりの実情もしっかり確認して調べた後に、ペットのお墓を依頼するようにすることが大事です。


現在では、ほとんどの霊園では、宗教上の理由などから人間とペットの遺骨を一緒のお墓に埋葬することはできません。しかし、ペットも家族の一員というように考える人が増えてきたため、ペット遺骨も飼い主とともに埋葬できる墓地区画もできています。ペットの埋葬方法は、以上のように、自宅の庭にお墓を建てて埋めるか、自治体に処分を依頼するか、もしくは動物霊園などの専門業者に依頼して葬送か、のいずれかの方法になります。動物霊園などで埋葬してもらう場合には、ほかのペットと一緒に火葬して、合同納骨所に納骨する合同葬か、個別に火葬して、遺骨は納骨堂に納骨するか、飼い主に戻すといった個別葬、もしくは飼い主の立ち会いのもとに、火葬・骨拾いをして、納骨するか飼い主が持ち帰るという立ち会い葬の3つのパターンがありますので、飼い主の希望に応じて選択することができます。

お墓のデザインにこだわりたいなら新デザインのものをご用意できます。確かな技術とアフターサービスでお客様のお墓作りをサポート致します。是非一度ご相談ください。足が不自由な方向けにバリアフリー構造の霊園をご紹介しております。クレジットカード決済をご利用頂けます。山手線沿いの霊園は東京主要駅を通っているので、お客様に人気です。一般のお客様では気づかないところまで補ってお墓選びをお手伝い。お墓のご案内

Written by admin

2月 26th, 2013 at 5:17 pm

Posted in